まだおべつおラジオ

日々小実験

『正しい本の読み方』

『正しい本の読み方』橋爪大三郎 講談社現代新書

 

 ハウツー本が自分で思っているよりも好きなのです。

 特に本についてのハウツー本は大好物。

 

matubetuo.hatenablog.com

 

 

matubetuo.hatenablog.com

 

  あの橋爪大三郎さんが書いたこんなストレートなタイトルなので思わず買ってしまいました。

  口述筆記のような文体で、さらさら読めます。

  トピック・センテンス・メソッドで書かれているからさらに読みやすい。

  トピック・センテンス・メソッドは、木下是雄さんが書いた『理科系の作文技術』で提唱された書き方。本書で以下のように解説されています。

  トピック・センテンス(主題文)は、段落の内容を代表する文。段落の冒頭に、置くのが原則  ある段落は、あるまとまったアイデアをのべるものだから、トピック・センテンスと矛盾した文を置かない。  文も、長くてはいけない。  

 

トピック・センテンス・メソッドで文章を書くと、どういういいことがあるか。文章の主旨がはっきりして、わかりやすくなる。文章を読むスピードが、速くなる。

 

  さて、橋爪さんは、本を読むのは著者の思想と付き合うことだが、それには「構造」「意図」「背景」を浮かび上がらせながら読むことが必要だといいます。

「構造」はどれが著者の考えで、どれが引用なのか見きわめながら読むこと。論理を考えること。

「意図」は著者が他の著者に対してどういうスタンスでこの本を書いたのかという視点で読むこと。本は必ず先行した本とのネットワークで成り立っているから、その関係性を理解すること。そのためにはある程度本を読んだり知識として知っておくことが必要になってくる。

「背景」は著者のバックボーンとなっている考え方、手法は何なのかを考えながら読むこと。 

 私は今まで本の「構造」を解明することばかりに集中し、「意図」や「背景」はむしろ無視するように本を読んできた気がします。

 だから本を読んでも他の本につながらなかったのか、と反省。

 

 本の中身を覚えられない私は常々劣等感を持ってきたのですが、ありがたい話も書いてありました。

本を覚えるのではなく、本のことを覚える。これで十分です。本のことを覚えるとは、誰が書いた、どんな名前の本で、だいたいどんなことが書いてあったか。よい本だったか、それとも大したことがなかったか、を覚える。 だからこそ大切な本は手元に置いておき、書き込みをしておくこと。 

 

  ちなみに、橋爪さんほどの人でも書き込みをするなど戦って読まないと眠くなってしまうそうです。

 私は最近図書館を利用して本を読むことが多いのですが、当然書き込みができません。書き写すのも億劫で、そのせいかてきちんと読めていない気がしていました。

 これからは図書館の本の読書は立ち読みの延長として、大切な本を見つけるためのきっかけと割り切るようにしようかなあ。そして大切な本が見つかったら極力手に入れるようにしていくことにします。

 特別付録の『必ず読むべき「大著者100人」リスト』をチェックしたところ、どう甘く見積もっても三分の一しか読んでおらず、少しため息つきながらも、もう少しがんばらねば、と奮起しました。

 

正しい本の読み方 (講談社現代新書)

正しい本の読み方 (講談社現代新書)

 

 

いろんなお薬〜パーキンソン戦記4

 

matubetuo.hatenablog.com

 

 薬の話に行く前に、パーキンソン病のメカニズムを少し勉強したので本から引用します。

 中脳の黒質という組織に異常が生じ、ドパミンと言う神経伝達物質が減少したことによって引き起こされるのです。

 黒質は脳幹部の左右に二つある小さな組織です。黒質の役割はドパミンを作り出すこと。そして、線条体という組織まで長い突起(軸索)を伸ばし、その突起の先端からドパミンを分泌して線条体に供給しています。

 線条体は,ドパミンを使って,このたくさんの筋肉をうまく調節するための情報を処理し運動調節の指令を出しています。しかし、何らかの原因で黒質に異常が生じ、作り出されるドパミンの量が減ると、当然、線条体への供給も減り、運動の指令の調節がうまくいかなくなります。このため、体の動きが悪くなり、パーキンソン病特有の運動症状が現れてくるのです。

 

 『たいせつな家族がパーキンソン病になったときに読む本』(講談社

 

 このメカニズムに対応してパーキンソン病の薬にはいくつか種類があるそうです。

1 ドーパミンアゴニスト

  • 線条体の受容体部分を刺激し,ドーパミンが分泌されたのと同じような反応を起こさせて症状を改善する
  • 効果はL–ドパ製剤に比べてやや弱い
  • ウェアリング・オフ現象(一日のうちで薬の効き目に差がある)などの副作用が起こりにくい
  • L-ドパ製剤を使い始める前に使用

2 L–ドパ製剤

  • 脳で不足しているドパミンを補充する働き
  • L–ドパとは化学物質の名前でアミノ酸の一種
  • 長期服用によりウェアリング・オフなどの副作用

3 ゾニサミド

  • もともと抗てんかん薬として日本で開発された薬

 私が最初に処方されたのはカバサールドーパミンアゴニスト)でした。

 朝一錠飲みます。

 しばらく服用しましたが効果がなかったので、カバサールに加えてトレリーフ(ゾニサミド)が追加されました。

 このトレリーフ、驚くほど値段が高い!

 支払時に何かの間違いではないかと確認し、結局現金の持ち合わせがなくカードで支払いました。

 次にカバサール+トレリーフに加えて、メネシット(L–ドパ製剤)を半錠。

 なかなか改善されず、大学病院に紹介状を携えて伺ったりしました。

 10月に入ってからはメネシットを従来の6倍の3錠に増やして(朝昼晩服用)、高いトレリーフは中止となりました。

 先生曰く「メネシットトライアル月間」です。

 また、抗うつ剤心療内科から処方されたものを別途服用しているのですが、そのうちオランザピンがパーキンソン症状を悪化させるということで服用を中止することがありました。

 

 現状として、手の震えと足の引きずりはまだ改善しません。

 一方でパーキンソンの薬を飲み始めて劇的に改善したのが、うつです。

 この一年以上、ずっと朝動けず、いったん起きてもソファの上で動けずに寝ていました。

 それが今は朝5時に起きられるようになりました。

 その分午後に疲れが出るようにはなりましたが、明らかによくなったと思います。

 神経内科の先生も大学病院の先生も、それはうつではなくパーキンソン病の症状だったのではないかとおっしゃいます。

 確かにそう考えるといろんなことが腑に落ちます。

 もう少しパーキンソンの症状が治まれば復帰できそうな状態になってきました。

 あとは薬が効いてくれればなー。

f:id:matubetuo:20171010081623j:plain

 

たいせつな家族がパーキンソン病になったときに読む本 (介護ライブラリー)

たいせつな家族がパーキンソン病になったときに読む本 (介護ライブラリー)

 

 

左脳のドーパミンが足らない〜パーキンソン戦記3

 

 

matubetuo.hatenablog.com

 

M神経内科から国立病院機構の病院に予約を取ってもらって3月31日にダットスキャンシンチ、4月6日に交感神経シンチを受けることになりました。

 と言っても、ぜんぜん何のことか分かりません。

 ネットで調べてみるとシンチというのは「シンチグラフィ検査」の略のようです。

 放射性同位元素で標識された薬剤を静脈注射して、その体内での分布を測るのがシンチ。

 ダットスキャンでは脳のドーパミンの量を測り、交感神経シンチでは心筋内の交感神経の機能を測るということらしいです。

 

www.radiol.med.kyushu-u.ac.jp

gomalog.matrix.jp

http://エンジョイシニアライフ.pw/mibg_scintigraphy.html

 どちらの日も、朝から午後まで(と言っても朝注射してから午後撮影するまで何もすることがなく、時間を潰すのがたいへんでしたが)かかりました。

 2万円以上したのでちょっとびっくり。

 

 いただいたデータと所見をM神経内科に持ち帰り、先生といっしょにデータを見ながら話を伺います。

 ダットスキャンの結果は、やや脳の左側のドーパミンが少なくなっているとのこと。

f:id:matubetuo:20171008055745j:plain


 交感神経シンチについては異常は認められない。

 さて、検査の結果からはごく初期のパーキンソン病である、と先生はおっしゃいました。

 左のドーパミンが不足しているからそれに対応する右手に不具合が生じている。

「ごく初期だから何もしないという選択肢もあるけど、とりあえず、手の震え治したいもんね?」と先生が尋ねるので「はい、ぜひ」と答えました。

「そしたら投薬をしていきましょう」

 だけどそれに当たっては心臓の検査をする必要があるとのこと。

 別の日に、今度は近くの病院で心臓のエコー検査です。

 結果は、ごく軽い心臓弁膜症だがだいじょうぶということでした。

 ようやく投薬の開始です。

 

matubetuo.hatenablog.com

 

匂いが分からない〜パーキンソン戦記2

 

 

matubetuo.hatenablog.com

 

整形外科に行くことになったのはちょっとした事故に遭ったから。

 今年の3月スロージョギングをしていたら、後ろから乗用車に接触されて転倒しました。

 昼、狭い道の左側を走っていたのですが、突然軽い衝撃が右足に。

 後方から来た車の左前部分が右足に接触し転倒。

 幸いスピードが出ていなかったので大事には到りませんでした。

 プリウスって静かですねえ。

 イヤホンをしていたとは言え全く気づきませんでした。

 運転されていた方は追い抜かせると思ったとのことで。

 ともかく結局右足の親指を痛めて整形外科に行くことになったのでした。

 いちおう肩とか腰とかのレントゲンやらMRIをとって異常はなく、親指は捻挫ということでしばらく通院することに。

 問診のとき、先生から足は「その手の震えはどうしたの?」と訊かれました。

 私は、震えは一年くらい前からで、神経内科に行って、検査をして特に異常がない、といわれたことを話しました。

「異常ないことはないと思うけどな。MRI撮った?」と先生はおっしゃいます。

 MRIは撮っておらず、血液検査と尿検査しかやらなかった旨答えると、先生は「MRIは少なくともはやってもらった方がいいよ。このあたりだとたとえばM神経内科とかに行ってみたら」と教えて下さいました。

 やっぱりこの震え普通じゃなかったのかー。

 

 翌々日、さっそくM神経内科に行ってみました。

 まず先生の問診です。

「ずいぶん震えてるねえ」と右手を曲げたり伸ばしたりされました。

 以前行った神経内科の血液検査と尿検査の結果表やお薬手帳を見せたのですが、「血液検査や尿検査ではなあ」と少しあきれた顔をされました。

「まずMRIを撮りましょう、そのあと匂いの検査をします」とおっしゃいました。

 匂いの検査?意味がわかりません。

 MRIを撮ったあと、別室で看護師さんと匂いの検査です。

 看護師さんが容器の匂いを嗅ぐように指示します。

 で、解答用紙に 1 線香 2 墨汁 3 ニス といったように選択肢があり、今の匂いがどれかを選びます。わからないときは「わからない」と答えます。

 それを20問やったのですが、ほとんどわからないのです。

 

 しばらくして、診察室に入って先生からのお話です。

MRIは問題がなかったですが、匂いはぜんぜん分からなかったね」

 はい、と私は答えました。

「匂いが分からないというのは実はパーキンソン病の症状なのです」

 ああ、思い出した。

 2015年に日光に行ったときみんなが硫黄の匂いがすごいといっていたのに一人だけ感じなかったんだ。

 家の猫が間違えてカーテンにおしっこをしてもその匂いが分からなかったし。

「たぶんパーキンソン病だと思うけれども、今度は大きな病院で別の検査を受けてきて下さい」

(つづく) 

 

matubetuo.hatenablog.com

 

matubetuo.hatenablog.com

 

 


trendy.nikkeibp.co.jp

右手が震える〜パーキンソン戦記1

 朝動けなくなり、仕事に行けなくなり、心療内科うつ病と診断されて療養休暇に入ったのが2015年の11月でした。

 

matubetuo.hatenablog.com

 うつ状態からなかなか脱せられない2016年初頭、右手だけが時折震えることに気がつきました。

 左手は決して震えることはありません。

 右手も常に震えているわけではありません。

 何もしていないときに突然震え出します。

 基本的に家のなかにいて、特に緊張することがないのになぜだろう?

 あ、緊張することが唯一あるとしたら、あいかわらず買っている競馬のゴール板前の攻防を見ているときですが。

 心療内科の先生に話したところ、抗うつ剤の副作用ではないか?とのお返事。

 そんなものなのかなあ?だけど両手が震えるならわかるけど右手だけってなんとなく不思議な気が。

 そのうち、歩いているときに右足が引っかかってつまずくことも自覚しはじめました。

 さすがにちょっと気になって「片手が震える」で検索するとどうもパーキンソン病が疑われる気がしてきました。

www.ishamachi.com

 ネットを見ているとパーキンソン病には片足がひっかかるという症状もあるようです。

parkinsons.jp

 パーキンソン病といえばモハメド・アリマイケル・J・フォックスを思い出します。

 よくわからないけどあんなふうに動けなくなってしまうのだろうか。

 なんか急に不安になってきました。

 調べていくと、パーキンソン病については神経内科にかかるべし、ということがわかりました。

 心療内科神経内科、語感は似てますが違うんですね。

 2016年の5月頃、近くの神経内科にかかってみました。

 病院では問診と、尿と血液の検査をしました。

 先生の診断ではパーキンソン病ではないだろう、とのことでした。

 その手の震え方はパーキンソン病のそれではない、とおっしゃいます。

 心療内科の先生の診断と同様に薬の副作用ではないか、とのことです。

 とりあえずもう少し様子を見て、もっと悪化するようであればまた来て下さい、とのことでした。

 特に薬も何も出ず終了です。

 医者の判断にすこしは安心しました。

 いつかはよくなるかなあ、って。

 しかし、その後も震えや足の引っかかりは治らず、だけど医者から病気ではないと言われているのでそんなもんだろうと思いつつ、一方うつは治らず療養を続けていました。

 今年の3月、あるきっかけで整形外科に行くことになったところ、怒濤の展開となっていったのです(大げさ)。

(続く)

車のブレーキ、左で踏むか、右で踏むか

 最近いろいろあって、右足の動きがやや鈍くなってしまいました。

 車の運転にはほぼ支障はないのですが、ブレーキを踏んで左折(右折)してアクセルを踏み込むときに、全盛期(と言うものがあったとして)に比べて遅れてしまう感覚があります。

 一回ふーと息をついてから加速するというか。

 ブレーキからアクセルへの足の移動がややぎこちないのですね。

 私の時代にはAT限定免許というものがなかったから教習所では左足はクラッチ、右足でアクセルとブレーキと習いました。

 たぶんAT限定でも同じように右足でアクセルとブレーキを踏むように習っているのではないでしょうか。

 免許を取ってから30年近く経つけれどほとんどATしか運転したことがないので左足は遊んだままでした。

 最近少しずつ左足ブレーキを取り入れる練習をしています。

 左折(右折)からの「息つぎ」がなくなればいいなあ、かっこよくいえばスムーズなアクセルワークの一助になれば、と。

 最初はがっくんブレーキでしたが、少しずつ柔らかく踏めるようにもなってきました。

 左足ブレーキ自体には賛否両論あるようなのですが、この歳で新しいことを練習するのは楽しいものです。

 ところで、今乗っている車にはアイドリングストップ機能が付いているのですが、赤信号などで停車中、ブレーキを踏んだままアクセルも少し踏んでいるらしく、ナビが「環境に優しくないから停止中はアクセルを踏まないでください」と怒られるのには少ししょげます。

音楽を聴こう

 数日前Amazonから「以下のおすすめ商品は、お客様がこれまでに購入された商品、または既にお持ちの商品に基づいて紹介させていただいています。」というよくあるメールが来ました。

 おすすめ商品はGewandhaus Quartettの『Beethoven: The String Quartets Box set』(¥1,999)と馬の骨の『馬の骨』(¥2,769)。

 ふだんはこういったセールスメールに反応することはないのですが、ベートーヴェン弦楽四重奏ボックスに興味を持ってしまいました。

 と言っても、ベートーヴェンなんて交響楽の有名どころくらいしか知りません。

 このメールを見たとき、オーケストラじゃなく、もう少しこじんまりとしたクラシックを気楽に聴きたいなあ、と思ったのです。

 そういえば、ここのところ全く音楽、特にクラシックを聴いていないことに気づ来ました。

 聴いてないなあ、音楽。聴きたいなあ、音楽。

 Amazonのレビューを見てみるとそれなりに評価は高い。

 10枚組で1,999円なら騙されてもいいや、と買うことにしました。

 

 本を読みながら、餃子を作りながら、競馬の予想をしながら曲名もわからず、ただ聴き流しています。

 気持ちがいい。身体のぎしぎしがなくなるし、肩の凝りが取れるような気がする。

 音楽ってやはり心というより身体に必要なものなのですね。

 しばらく開けていなかったCDの棚から村上春樹さんに教えてもらった内田光子のCDなど何枚か引っ張り出してきて聴き始めています。

 

Beethoven: The String Quartets

Beethoven: The String Quartets

 

 

 

馬の骨

馬の骨

 

 

 

内田光子 プレミアム ベスト

内田光子 プレミアム ベスト

 

 

 

広告を非表示にする