まだおべつおラジオ

日々小実験

2007-05-24から1日間の記事一覧

『夜明け前のセレスティーノ』にくじける

『夜明け前のセレスティーノ』レイナルド・アレナス 安藤哲行訳 これは私には全く歯が立たなかった小説でした。 とりあえず、訳者の解説から。 夜でも朝でもない「夜明け前」は、自我が確立し社会に組み込まれる以前の主人公=語り手(十歳くらいの男の子)…