まだおべつおラジオ

日々小実験

『可能なる革命』の可能性の中心

『可能なる革命』大澤真幸 今さら革命なんて、と思う。 しかし、資本に身体もお金もデータも明け渡してしまっている現状でどこかで革命を夢見る気にもなる。 資本主義を乗り越える「革命」は可能か?というのが本書のテーマなのだが、実を言えば可能なのかど…

『服従』に服従する

『服従』ミシェル・ウエルベック 河出書房新社 【あらすじ(ネタバレ)】 ユイスマンスの研究者である「ぼく」はパリの大学で教授を務めている。 女子学生と寝ては別れている。 前回の2017年の大統領選挙で「いよいよ右傾化を強めていく国で左翼の大統領が選…

「ウェブに夢見るバカ」を読むバカ

『ウェブに夢見るバカ』 ニコラス・G・カー タイトルに惹かれて手に取った本。 原題は『Utopia is Creepy』(「薄気味悪いユートピア」)だそうである。 内容は自らのブログの記事がほとんど。 アメリカ版小田嶋隆さんと言う感じか。 基本的にブログなので、…

『騎士団長殺し』

あらすじ 「私」は肖像画の画家。妻と別れ、肖像画を描くことをやめ、友人の父で高名な日本画家である雨田具彦が小田原でアトリエとして使っていた一軒家に住むことになった。谷を隔てた豪邸に住む「免色」さんから法外な価格で肖像画を描いてほしいという依…

パウロ 十字架の使徒

青野太潮 岩波新書 パウロといえば確かキリスト教の基礎を作った人ということは知っていた。 世界で初めて目から鱗が落ちた人として有名。 しかしそれしか知らない。 どんな人なのかわからなかったので読んでみた。 第一章はパウロの生涯、第二章は手紙の概…

僕らが毎日やっている最強の読み方──新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

池上彰 佐藤優 東洋経済新報社 毎月(毎週?)のように本を出しているお二人がどのように新聞、雑誌、ネット、書籍の各種のメディアをどのように読みこなしているかを具体的に解説してくれるという夢のような本。 お二人の本をすべて読んでいるわけではない…

ゼロヴィル スティーヴ・エリクソン

柴田元幸訳 白水社 エリクソンの小説を読むのは久しぶり。 たぶん『Xのアーチ』以来かなあ。 (あらすじ) 映画が大好きな主人公ヴィカーはハリウッドで映画の仕事をしたくて、ペンシルヴェニアから出てくる。撮影のセット作りに携わるようになったヴィカー…

図書館に行く理由

最近、けっこう頻繁に図書館に通っている。 住まいから歩いて20分くらいだから、運動にちょうどいい。 最初に図書館に行こうと考えたきっかけは、心療内科に置いてあったパンフレットで職場復帰のためのトレーニングとして図書館通いを薦めていたから。 最初…

読書ノート作りに再度チャレンジする

本を読む際、読書ノートを作っていますか? ここでいう読書ノートは、本の重要な部分やおもしろいと感じた箇所をそのまま抜き書きするもの。 抜き書きしたものだけで要旨がわかるようになっていればよい。 佐藤優さんも『読書の技法』で読書ノートの作成を薦…

『知的生き方教室』

中原昌也『知的生き方教室』を読んだ。 本を読みながら笑うということはほとんどない。 かつて『VOW』という本が宝島から出ていたが、それ以来だと思う。 全編面白すぎるんだが、いちばんくだらなすぎる箇所を長く引用します。 笑顔でお辞儀を繰り返すしか、…

『33年後のなんとなくクリスタル』

田中康夫『33年後のなんとなくクリスタル』(河出書房新社)を読んだ。 『なんとなくクリスタル』(=「もとクリ」)は、おそらく話題になってしばらくしてから図書館で借りて読んだと思う。 当時の評判としては、軽佻浮薄な小説、みたいな感じが大勢だった…

「須賀敦子の世界展」を見た

神奈川近代文学館で開催されている「須賀敦子の世界展」を見てきました。 須賀敦子が翻訳したタブッキ「インド夜想曲」を読んだのが最初の出会い。 そこからエッセイ「ミラノ霧の風景」「コルシア書店の仲間たち」と手に入れて、ぱらぱらと読んでいましたが、…

増え続ける書籍、虐殺期間

部屋の中が竜巻の被害を受けたように散らかっていて、その原因の一つが大量の本だということは明らかでしたが、なかなか手をつけられませんでした。 手をつけないままだと本は増殖し続け、本以外のものがいったいどこへ行ったのか分からない状態となりました…

『古典を読んでみましょう』

橋本治さんの『古典を読んでみましょう』(ちくまプリマー新書)を読みました。 古文の授業が苦痛でした。そのまま今に至って、読みたいと思いながらほとんど古典は読んでいません。 大きく二つのことが書いてあると思いました。 一つはなぜ古典を読んだ方が…

『読書の技法』。ノート作りはむずかしい。

本を読んだら、おもしろかった、のような簡単な感想だけではなく、考えをもう少しまとめたおきたいなあ、と思います。 本棚を見るたび、かつて読んだはずの本について、自分でほとんど説明できないことにがっくりしているのです。 佐藤優さんは『読書の技法…

『都市と星』

アーサー・C・クラーク『都市と星』(酒井昭伸訳 ハヤカワ文庫) 不快なことは除去され、誕生や死も完全に管理された都市ダイアスパー。 特殊な生い立ちを持つアルヴィンはダイアスパーから外に出ようとする。 ダイアスパーは村上春樹『世界の終りとハードボ…

『星を継ぐもの』

ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』(創元SF文庫) 2028年頃の話。月の洞窟で人間の死体が発見されたが、それは5万年前の死体だった・・・ おそらくSF必読書の基本中の基本ですが、読んでませんでした。 始まりは月面の場面。ここに登場する「彼」と…

『SFはこれを読め!』

谷岡一郎『SFはこれを読め!』(ちくまプリマー新書) そのタイトルどおりSF必読書のブックガイド。 三人の会話の形式で、いくつかのテーマごとにSFが紹介されていきます。 読みやすくて一時間足らずで読めます。 本の面白さを伝えようとしてくれるのに加え…

『涼宮ハルヒの憂鬱』~『驚愕』

谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』『溜息』『退屈』『消失』『暴走』『動揺』『陰謀』『憤慨』『分裂』『驚愕』(角川スニーカー文庫) 今さらですが10日間くらいで一気に読みました。 読みやすさのもとは文体にもありますが、キョンの視点から書かれているとい…

『都市と都市』

チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』(日暮雅通訳 ハヤカワ文庫) ヨーロッパにあるふたつの都市国家ベジェルとウル・コーマの間で起こった殺人事件を巡るミステリーとSFの間の小説。 ほぼ現代の話ですが設定はもちろん架空。 当然ベルリンやエルサレムや朝…

『ガルガンチュアとパンタグリュエル』

ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』1~4(宮下志朗訳 ちくま文庫) 桑野隆『バフチン』、バフチン『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化』と読んできてのラブレーだったが、実際読んだらすごかった。 もちろんこういう順序…

『さよなら、愛しい人』

『さよなら、愛しい人』レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳(ハヤカワ文庫) 大昔に清水俊二訳『さらば愛しき人よ』を読んだが、大鹿マロイという登場人物が大暴れをする活劇のような小説、というような記憶のみがあった。 まったく違った。 『砂の器』み…

『この世の王国』

『この世の王国』アレホ・カルペンティエル(水声社) 同じ南米の文学として一括りにするには、ガルシア=マルケスとは少し違う。猥雑さみたいなものがあまりない分読みやすい。 ちょうど中東での革命的な事件が起きている中これを読むと、支配者が倒れてい…

『夜戦と永遠』

『夜戦と永遠』佐々木中(以文社) 本としてはかなりの価格だし、相当難しそうだし、と購入に二の足を踏んでいたが、『切り取れ、あの祈る手を』を読んでしまった以上手を出さないわけにはいかなかった。 まず、最初に私は今の段階でこの本について要約した…

『古事記を読みなおす』

『古事記を読みなおす』 古事記については以前橋本治訳のものを読んだことがある。 また、本書の著者による『口語訳古事記』も買ってあるが、まだ読んでいない。 戦後の教育を受けている者としては神話についての常識がなさ過ぎることを痛感している。 あま…

『道徳形而上学の基礎づけ』

『道徳形而上学の基礎づけ』I・カント 宇都宮芳明訳(以文社) 村上春樹の小説で主人公が『純粋理性批判』を読んでいるのを読んで以来、カントは読まなくてはいけないと思い、入門書やらは読んだことはあったもののhttp://thelonggoodbye.blog96.fc2.com/blo…

『世界史の構造』

『世界史の構造』柄谷行人(岩波書店) 柄谷行人の本は分からないなりにずうっと読んできた。 この分厚い本は、今までよりもずうっとわかりやすく書かれている。 『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』あたりを読んでいたときには、いったい私…

『切りとれ、あの祈る手を』

『切りとれ、あの祈る手を 〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』佐々木中(河出書房新社) 興奮しながら読んでしまったので、いつもにましてうまく書けない。 これはすばらしい本。 とにかく読むしかない。 説明は要らない。 本や文学に興味があるのなら読…

『芭蕉入門』

『芭蕉入門』井本農一(講談社学術文庫) 先日読んだ『小林一茶』(宗左近 集英社新書)の中で、著者は芭蕉と蕪村のことをこの上なく尊敬している、と言い切っている。 恥ずかしいことに芭蕉も蕪村もいくつかの句を除いては、ほとんどのことを知らない。 と…

『小林一茶』

『小林一茶』宗左近(集英社新書) 信州に出かける用事があり、何の本を持って行こうかと考えたら、信州は小林一茶のふるさとだということを知り、この本を持って行った。 俳句や短歌のことはほとんどわからない。ましてや一茶についてはいくつかの有名な句…

『白痴』

『白痴』ドストエフスキー 望月哲男訳(河出文庫) 高校生の時に読んだのだが、いつもどおりほとんど覚えていない。 ムイシュキン公爵(今回の訳では「ムィシキン」)が無垢な存在であるということと、興奮して読んだということの記憶だけがあった。 高校生…

『赤と黒』

『赤と黒』スタンダール 野崎歓訳(光文社古典新訳文庫) 『赤と黒』はおそらく私が中学~高校で「文学」として最初に読んだ小説の一つだ。 なぜ『赤と黒』だったのかあまり覚えていないのだが、きっと学校の国語の副読本で「心理小説の最高峰」みたいなこと…

『それでも、日本人は戦争を選んだ』

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子(朝日出版社) 日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変~日中戦争、太平洋戦争それぞれの戦争を行う決断へ向かった背景を学生との対話形式で描いた本。 戦争は悪だ、というよくあるパターンの思考形…

『考えよ』

『考えよ!――なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャ・オシム(角川ONEテーマ) オシムはJEFの監督の頃から大好きだ。 オシムの本はいくつか出ているが、この本はオシム本人が一応書いた体裁となっている点で、私がこれまで読んできたオシム本とは…

『東京島』

『東京島』桐野夏生(新潮文庫) 桐野夏生の小説を読むのはこれが初めてだ。谷崎潤一郎賞を取ったのは知っていたし、孤島に女一人と男が数十人というシチュエーションの小説だということも知っていた。 どちらかというと谷崎賞を取ったからというよりは、「…

『うわさのベーコン』

『うわさのベーコン』猫田道子(太田出版) 高橋源一郎が『ニッポンの小説』などですごいすごいと言っている『うわさのベーコン』を古書店でようやく手に入れて読むことができました。 『うわさのベーコン』は短編小説集で、表題作のほか全4篇が収められてい…

『下流志向 学ばない子供たち 働かない若者たち』

『下流志向 学ばない子供たち 働かない若者たち』内田樹(講談社文庫) 単行本がベストセラーだった。 文庫化されるまで待ち、文庫化されたらすぐ読んだ。 この本を読んで、いろいろ書こうと思ったけれども、うまく書けないのでやめた。 たぶん内田さんの仮…

『影の現象学』

『影の現象学』河合隼雄(講談社学術文庫) 15年くらい前に買った本だが、ここのところのユング関係の本を読む勢いで再読をすることにした。 ほとんど覚えていない。 若い頃はここに書いてあるおおよそすべてのことをオカルトじみて感じて敬遠していたのだと…

『諸子百家』

『諸子百家』湯浅邦弘(岩波新書) 恥ずかしいことに諸子百家について基本的なことすらよく分かっていない。 『論語』は石川忠志の影響で読もうと準備だけしていたけれど、そのほかの人たちのことが分からない。 どの思想がどのような関係にある、といった関…

『神話の力』

『神話の力』ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ 飛田茂雄訳(早川書房) 大塚英志の本でキャンベルに言及されていたので、十年以上も前に買ったこの本を引っ張り出してきた。 神話について勉強しようと思いその書名だけで買ったのだが、当時の私には…

『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』

『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』大塚英志(角川ONEテーマ21) 最近書店に行かずAmazonでばかり本を買っていたが、新しい本についてチェックしきれないので久しぶりに書店に出向いたら大塚英志のこの本が出ていたので買った。 ジャパニメーションも村上春…

『ユング』『ユング心理学入門』『創造する無意識』

『ユング』アンソニー・ストー 河合隼雄訳(岩波現代文庫) 『ユング心理学入門』河合隼雄(岩波文庫) 『創造する無意識─ユングの文芸論』ユング(平凡社ライブラリー) しばらく本を読む気がせず、ぼんやり過ごしていた。 書棚に、昔古本屋で買った『ユン…

『吉本隆明1968』

『吉本隆明1968』鹿島茂(平凡社新書) 吉本隆明というと、私にとっては『共同幻想論』や『言語にとって美とは何か』を読もうとして歯が立たなかった相手であり、吉本ばななの父であり、反核運動に非を唱えた若干変わった人であり、糸井重里が今一番押し…

『あなたの苦手な彼女について』

『あなたの苦手な彼女について』橋本治(ちくま新書) たぶん以前にも書いたのだろうが、橋本治の新書を読むということは、橋本治の思考の道筋をたどりながら読むことなので、わかりやすい結論にすぐ到着することはない。 回り道、脱線は当たり前だけれども…

『1Q84』

『1Q84』村上春樹(新潮社) 村上春樹の新作は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』や『海辺のカフカ』のように、二つの話が交互に平行して進行していくスタイルの長編小説でした。 スピード、サスペンス、そして闇。 暴力や邪悪なものとどの…

『多読術』

『多読術』松岡正剛(ちくまプリマー親書) 松岡正剛が好きだし、本の読み方の指南書みたいなものも好きなので早速読んだ。 編集者を聞き手として松岡さんが語る形式。 本をそんなにありがたいものと思ってたてまつる必要はない。 毎日食べる食事みたいなも…

『アクロイド殺し』

『アクロイド殺し』アガサ・クリスティー 羽田詩津子訳(ハヤカワ文庫) アガサ・クリスティーについては恥ずかしながら読んだことがなくて、友だちがこの作品と『そして誰もいなくなった』を読んでおけばいい、と前に言っていたのを思い出して読んでみた。 …

『鴨川ホルモー』

『鴨川ホルモー』万城目学(角川文庫) タイトルが謎めいている。 読んでみると、この小説は基本的に「ホルモー」についての解説なのである。 ホルモーとは大学生が式神を使って戦う競技なのだが、簡単にそんなふうにかいつまんでもどうしようもなく、ばかば…

『昭和史 戦後篇』

『昭和史 戦後篇』半藤一利(平凡社) 先日半藤さんの『幕末史』がひじょうにおもしろかったが、そのときいっしょに手に入れた本。戦争が終わるまでの『昭和史 1926~1945』はすでに友人に借りて読んでいて、これでいちおう半藤さんの『~史』はすべ…

『おぱらばん』

『おぱらばん』堀江敏幸(新潮文庫) 堀江敏幸の本はなんとなく手に取らないまま来てしまった。 気になってはいるのだが、後回しにしよう、と言って。 読んだらきっとおもしろいんだろうな、とは思いながらも、まだ読んじゃだめ、と思いながら本だけは手に入…