まだおべつおラジオ

日々小実験

『白痴』

『白痴』ドストエフスキー 望月哲男訳(河出文庫) 高校生の時に読んだのだが、いつもどおりほとんど覚えていない。 ムイシュキン公爵(今回の訳では「ムィシキン」)が無垢な存在であるということと、興奮して読んだということの記憶だけがあった。 高校生…

『赤と黒』

『赤と黒』スタンダール 野崎歓訳(光文社古典新訳文庫) 『赤と黒』はおそらく私が中学~高校で「文学」として最初に読んだ小説の一つだ。 なぜ『赤と黒』だったのかあまり覚えていないのだが、きっと学校の国語の副読本で「心理小説の最高峰」みたいなこと…

『それでも、日本人は戦争を選んだ』

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子(朝日出版社) 日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変~日中戦争、太平洋戦争それぞれの戦争を行う決断へ向かった背景を学生との対話形式で描いた本。 戦争は悪だ、というよくあるパターンの思考形…

『考えよ』

『考えよ!――なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』イビチャ・オシム(角川ONEテーマ) オシムはJEFの監督の頃から大好きだ。 オシムの本はいくつか出ているが、この本はオシム本人が一応書いた体裁となっている点で、私がこれまで読んできたオシム本とは…

『東京島』

『東京島』桐野夏生(新潮文庫) 桐野夏生の小説を読むのはこれが初めてだ。谷崎潤一郎賞を取ったのは知っていたし、孤島に女一人と男が数十人というシチュエーションの小説だということも知っていた。 どちらかというと谷崎賞を取ったからというよりは、「…

『うわさのベーコン』

『うわさのベーコン』猫田道子(太田出版) 高橋源一郎が『ニッポンの小説』などですごいすごいと言っている『うわさのベーコン』を古書店でようやく手に入れて読むことができました。 『うわさのベーコン』は短編小説集で、表題作のほか全4篇が収められてい…

『下流志向 学ばない子供たち 働かない若者たち』

『下流志向 学ばない子供たち 働かない若者たち』内田樹(講談社文庫) 単行本がベストセラーだった。 文庫化されるまで待ち、文庫化されたらすぐ読んだ。 この本を読んで、いろいろ書こうと思ったけれども、うまく書けないのでやめた。 たぶん内田さんの仮…

『影の現象学』

『影の現象学』河合隼雄(講談社学術文庫) 15年くらい前に買った本だが、ここのところのユング関係の本を読む勢いで再読をすることにした。 ほとんど覚えていない。 若い頃はここに書いてあるおおよそすべてのことをオカルトじみて感じて敬遠していたのだと…

『諸子百家』

『諸子百家』湯浅邦弘(岩波新書) 恥ずかしいことに諸子百家について基本的なことすらよく分かっていない。 『論語』は石川忠志の影響で読もうと準備だけしていたけれど、そのほかの人たちのことが分からない。 どの思想がどのような関係にある、といった関…

『神話の力』

『神話の力』ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ 飛田茂雄訳(早川書房) 大塚英志の本でキャンベルに言及されていたので、十年以上も前に買ったこの本を引っ張り出してきた。 神話について勉強しようと思いその書名だけで買ったのだが、当時の私には…

『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』

『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』大塚英志(角川ONEテーマ21) 最近書店に行かずAmazonでばかり本を買っていたが、新しい本についてチェックしきれないので久しぶりに書店に出向いたら大塚英志のこの本が出ていたので買った。 ジャパニメーションも村上春…

『ユング』『ユング心理学入門』『創造する無意識』

『ユング』アンソニー・ストー 河合隼雄訳(岩波現代文庫) 『ユング心理学入門』河合隼雄(岩波文庫) 『創造する無意識─ユングの文芸論』ユング(平凡社ライブラリー) しばらく本を読む気がせず、ぼんやり過ごしていた。 書棚に、昔古本屋で買った『ユン…

『吉本隆明1968』

『吉本隆明1968』鹿島茂(平凡社新書) 吉本隆明というと、私にとっては『共同幻想論』や『言語にとって美とは何か』を読もうとして歯が立たなかった相手であり、吉本ばななの父であり、反核運動に非を唱えた若干変わった人であり、糸井重里が今一番押し…

『あなたの苦手な彼女について』

『あなたの苦手な彼女について』橋本治(ちくま新書) たぶん以前にも書いたのだろうが、橋本治の新書を読むということは、橋本治の思考の道筋をたどりながら読むことなので、わかりやすい結論にすぐ到着することはない。 回り道、脱線は当たり前だけれども…

『1Q84』

『1Q84』村上春樹(新潮社) 村上春樹の新作は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』や『海辺のカフカ』のように、二つの話が交互に平行して進行していくスタイルの長編小説でした。 スピード、サスペンス、そして闇。 暴力や邪悪なものとどの…

『多読術』

『多読術』松岡正剛(ちくまプリマー親書) 松岡正剛が好きだし、本の読み方の指南書みたいなものも好きなので早速読んだ。 編集者を聞き手として松岡さんが語る形式。 本をそんなにありがたいものと思ってたてまつる必要はない。 毎日食べる食事みたいなも…

『アクロイド殺し』

『アクロイド殺し』アガサ・クリスティー 羽田詩津子訳(ハヤカワ文庫) アガサ・クリスティーについては恥ずかしながら読んだことがなくて、友だちがこの作品と『そして誰もいなくなった』を読んでおけばいい、と前に言っていたのを思い出して読んでみた。 …

『鴨川ホルモー』

『鴨川ホルモー』万城目学(角川文庫) タイトルが謎めいている。 読んでみると、この小説は基本的に「ホルモー」についての解説なのである。 ホルモーとは大学生が式神を使って戦う競技なのだが、簡単にそんなふうにかいつまんでもどうしようもなく、ばかば…

『昭和史 戦後篇』

『昭和史 戦後篇』半藤一利(平凡社) 先日半藤さんの『幕末史』がひじょうにおもしろかったが、そのときいっしょに手に入れた本。戦争が終わるまでの『昭和史 1926~1945』はすでに友人に借りて読んでいて、これでいちおう半藤さんの『~史』はすべ…

『おぱらばん』

『おぱらばん』堀江敏幸(新潮文庫) 堀江敏幸の本はなんとなく手に取らないまま来てしまった。 気になってはいるのだが、後回しにしよう、と言って。 読んだらきっとおもしろいんだろうな、とは思いながらも、まだ読んじゃだめ、と思いながら本だけは手に入…

『柴田さんと高橋さんの小説の読み方書き方訳し方』

『柴田さんと高橋さんの小説の読み方書き方訳し方』柴田元幸 高橋源一郎(河出書房新社) 柴田さんと高橋さんの対談集と聞いたらそれは読まずにいられまい。 柴田さんが大学までそんなに小説を読んでいなかった、という話に驚き、高橋さんが大江健三郎のこと…

『できそこないの男たち』

『できそこないの男たち』福岡伸一(光文社新書) けっこうショッキングな本でした。 この本は生物の基本仕様は女性であって、男性は必要上その基本仕様をカスタマイズされたものである、ということを説明する。 これまで見てきたとおり、生物の基本仕様(デ…

『幕末史』

『幕末史』半藤一利(新潮社) 歴史について語る本についてはどんなものだってバイアスがかかっているのに違いありません。 語るという行為はたぶんどうしようもなく好き嫌いを現してしまうのです。 したがって、その語りを受け取る側もひょっとしたら違うぞ…

『現実入門』

『現実入門』穂村弘(光文社文庫) この本については前からおもしろそうだなと思っていました。 なんといっても、わたしじしんが現実から逃避したままこの年までやってきてしまった、というふうにいつも思い続けていたからです。 そう、私は経験値が低い。「…

『短歌の友人』

『短歌の友人』穂村弘(河出書房新社) 高橋源一郎『大人にはわからない日本文学史』で面白そうに紹介されていたので手に取りました。 これは面白い。 恥ずかしながら私は短歌にはあまり触れたことがありません。 『サラダ記念日』がせいぜいなくらい。 丸谷…

『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』

『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』竹田青嗣(ちくま新書) ほとんどの人に何の自慢にも聞こえないのだろうが、竹田青嗣の本はかなり読んでいます。 しかしながら、ここのところまともに本を読める能力をほとんど失っており、この本についてもきちん…

『大人にはわからない日本文学史』

『大人にはわからない日本文学史』高橋源一郎(岩波書店) わかったことは明治から始まった近代日本文学というものが終わり、いままったく違う新しい時代が始まろうとしている、ということ。 新しい時代がどんなものになるのかはわからない。 文学についての…

『代表的日本人』など

何冊か本を読みました。 ①松岡正剛『連塾・方法日本1神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く―』(春秋社) ②保阪正康『若い人に語る戦争と日本人』(ちくまプリマ―新書) ③内村鑑三『代表的日本人』(岩波文庫) ①は例によって松岡さんの博識ぶりに圧倒され…

『サブリミナル・インパクト――情動と潜在認知の現代』

『サブリミナル・インパクト――情動と潜在認知の現代』下条信輔(ちくま新書) 知覚心理学者である下条さんの本は以前『サブリミナル・マインド』(中公新書)を読んだことがあり、刺激を受けた。 例によって詳しいことは忘れちゃったのだけれど、逆さメガネ…

『夫婦善哉』

『夫婦善哉』織田作之助(新潮文庫) 織田作之助は今までまったく読む機会がなかった。 なんとなく坂口安吾と同じ系統でちょい下くらいのイメージを勝手に作っていたのだ。 無頼派、というひとくくり。 読まず嫌いはよくない。 面白いなあ。 素晴らしい短篇…