『可能なる革命』の可能性の中心

『可能なる革命』大澤真幸 今さら革命なんて、と思う。 しかし、資本に身体もお金もデータも明け渡してしまっている現状でどこかで革命を夢見る気にもなる。 資本主義を乗り越える「革命」は可能か?というのが本書のテーマなのだが、実を言えば可能なのかどうなのか、よくわからなかった。 むしろ「〈革命〉の可能性とい…