読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだおべつおラジオ

日々小実験

『悪魔の涎・追い求める男 他八篇』

『悪魔の涎・追い求める男他八篇』コルタサル 木村榮一訳(岩波文庫)  コルタサルは『石蹴り遊び』を集英社文庫で持っているのだが、手つかずのまま十年以上が経過した。  むずかしそうなんだ。  最近のマイ「ラテンアメリカ文学」ブームに乗って、短篇集を読んでみることにした。   これはひじょうに好きなタイプの短篇小説集。  短篇小説は、今私が思いつきで勝手に分類すると、①独特のフレームや構造で瞬間を切り取ったもの②ある魅力的な人物の日常生活を切り抜いてそのキャラクターを見せるもの、がある。  もちろん①と②は混在し合っているので、その度合いの強さに過ぎない。  サリンジャーなんかは②かな、と思わせる。  キャラに圧倒されて、小説を批評するとっかかりがないように思われる。  この小説集はだいたいが①に属する。  知的、みたいな評価なのだろうし、場合によっては理が勝ちすぎている、と言われかねないかもしれない。人物が描かれていない、みたいな。  だけど、私はこの小説集はとても好きだな。  たとえば『南部高速道路』。  パリへ向かう片側六車線の高速道路がとんでもない大渋滞になる。  車がまったく動かなくて、まわりの他の車の人たちと知り合いになっていく。  渋滞はなまやさしい渋滞ではない。  まったく車は動かないから、食料や水を調達するために、車が何台かでコミュニティを形成し、リーダーが現れる。  季節が夏から冬に変わり、老人はなくなり、隣の車を運転していた女の子が妊娠してしまう。  どうして救援に来ないのか、とか野暮なことは言わないが、どうして渋滞を舞台にしなければならなかったのか、と思いながら読んだ。  たとえば無人島に漂着した、などのほうがふつうのリアリティを持たせられたはず。  しかし最後にその疑問は解けた。  永遠に続くかと思われた渋滞がとつぜん解消され、車が再び走り出す。  同時にコミュニティは霧消してしまう。  そのときに寂しさみたいなものが現れる。  それを書きたかったのか、すごいなあ、と思った。    他の小説も夢と現実の行き来をリアルに描いていて、どきどきするものばかりで、とにかくコルタサルの短篇小説は私にとってのスタンダードと考えたい、と思うほどすばらしい。
悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)
(1992/07)
コルタサル

商品詳細を見る