まだおべつおラジオ

日々小実験

ほぼ日手帳の発売日。ほぼ日手帳に帰ってくるまで。

今日はほぼ日手帳の発売日で、早速ほぼ日手帳WEBSHOPでオリジナルのジッパーズfog linen work ブラックチェックと週間手帳、下敷き、メモ帳、ついでに同時に買えば半額になるというホワイトボードカレンダー(気まぐれカレンだー)を買いました。

10月発送だそうで楽しみです。

ほぼ日手帳は七、八年前にがしがし使っていました。

手帳と日記帳は買ってもすぐ使わなくなるのが性分でしたが、当時はいろんなところへ出張しまくる仕事になり、自分のスケジュール管理のためにどうしても使わざるを得ない状況になりました。

人とは違ったものを持ちたい、くらいの乗りでほぼ日手帳を使い始めたと思います。

その後iPhoneを手に入れ、パソコンと連携させるやり方がわかったことで、スケジュール管理については手帳は不要と確信し、仕事も内勤になったことからほぼ日手帳はやめてしまいました。

手帳のもうひとつの役目であるログ的なものについては、Evernoteに書いたり、Dayone を使ったり、tweetしたりしながら続けていました。

今年の七月、たまたま北真也さんがクラウドの情報とほぼ日手帳カズンを連携させて使っている、という記事を読みました。http://dime.jp/genre/49950/

ああ、そうなんだよなあ、無理してすべてを電子データにする必要はないんだよなあ、と目を開かされました。

それまでログ的なものはあとで検索するためにはなんらかのかたちで電子データ化しておかないといけない、という強迫観念がありました。

しかし、なにかをメモしたり、記録しようと思ってわざわざiPhoneを取り出しフリック入力するのには人間が古過ぎたようです。

とりあえずほぼ日を脇に置いておき、その日のページにささっと乱雑に書き込んでおく。それで充分だし、検索といってもある程度のあたりをつけて手帳をめくっていけばわかるだろう。

で、一年がもう半分過ぎたとはいえさっそくほぼ日手帳(4月始まり)を買ったのでした。



20130901-192434.jpg