読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだおべつおラジオ

日々小実験

入門主義者

 この数ヶ月で400冊ほどの本を「自炊」して思ったことがあります。

 

 入門書を買うのは、やめようということ。

 

 ハイデガー入門とカント入門だけでおそらく3冊ずつくらい持ってました。

 ずいぶん入門したなあ。というか入門しすぎ。

 むしろ入門書マニアというべきか。

 きちんと数えていませんが、○○入門というタイトルの本は50冊は持ってます。

 だけどもうたぶん人生の折り返し地点をすぎているのですから、原典にあたって読む年頃です。

 もちろん『存在と時間』や『純粋理性批判』は持っているのですが、いつまでたってもとっかかれません。

 難解さにかんたんにはじき飛ばされることを怖れて、山の麓をいつまでもぐるぐる回っている感じ。

 

 ところで、本はやっぱり精読すべきなんだと思います。

 しかし、一定の努力をして読めない本は、飛ばし読みしてもいいのではないか、とも最近考えています。

 ていうか、全く読まないよりは、飛ばし読みした方がはるかにまし。

 実際、入院中『チャタレー夫人の恋人』をやらしい場面だけ目当てに飛ばし読みしたが、それでも小説の構造などはある程度わかるものなんですね。

 いい場面(やらしい場面だけじゃなく)はきちんと読んだし。

 

 読書に限ることではありませんが、完璧にできないからまったくやらないのではなく、2割しかできなくてもやっておいた方がいいと思うのです。

 

 だけど、書店に並べられた入門書の誘惑に勝てるかどうか。

 読む前から、読めばわかる気がするからなあ。

 

 f:id:matubetuo:20141216105135j:plain

 

広告を非表示にする