まだおべつおラジオ

日々小実験

プレート抜去手術当日

 12月16日火曜日に左前腕部のプレートを抜去する手術をしました。

 この日の三番目の手術で、当初は14時開始予定でしたが、なかなか始まる雰囲気がない。

 それまで病室や談話室で待機しましたが、落ち着かない。

 遅くなるのはかまわないんですが、おなかが空くのと、のどが渇くのが何よりつらいです。

 うがいや口ゆすぎをして紛らわせます。

 ようやく14時20分に看護師さんから「14時45分手術室入室です」と声をかけられました。

 手術着に着替えて、ストレッチャーで運ばれて手術室。

 この、ストレッチャーで運ばれてるときに天井と看護師さんしか見えないのが映画っぽくてよい。

 手術室に先生と看護師さんが出迎えてくれて、酸素マスクつけられます。

 室内にクラシック音楽が流れて、麻酔入れますよ、といわれたとたんに記憶がありません。

 前回の手術は伝達麻酔だったのですが、今回は全身麻酔です。

 

 終わりましたよ、と先生から肩を叩かれて目覚めました。

 ちらっと部屋の時計を見たら17時半。

「無事取れましたよ」とのことでした。

 病室に戻り酸素吸入されて点滴されてます。

 左腕はずきずきしてます。

 しかし何より違和感があるのが、カテーテルの入ってること。

 おしっこは実際には出てるみたいなのですが、尿意が感じられてしょうがないんです。

 それが気になって、ほとんど眠れず。

 朝になればカテーテルが取れること信じて何とか時間をやり過ごすことに。

 iphoneでラジオとポッドキャスト聴きました。

 NHK「みうらじゅんのサントラくん」→ポッドキャストで「東京ポッド許可局」「安住紳一郎の日曜天国」(日天はずいぶんたまっていたので6回分くらい聴いた)→TBS「爆笑問題カーボーイ」→「日天」→TBS「生島ヒロシのおはよう一直線」

 途中、痛みが強くて看護師さんに計3本ほど痛み止めを注射してもらいました。

 長い夜が明けて、ようやく朝になりました。

 

 腕から出てきたプレートとスクリューたち。

 ほとんど家具の転倒防止金具みたいです。

 f:id:matubetuo:20141218143314j:plain