まだおべつおラジオ

日々小実験

車のブレーキ、左で踏むか、右で踏むか

 最近いろいろあって、右足の動きがやや鈍くなってしまいました。

 車の運転にはほぼ支障はないのですが、ブレーキを踏んで左折(右折)してアクセルを踏み込むときに、全盛期(と言うものがあったとして)に比べて遅れてしまう感覚があります。

 一回ふーと息をついてから加速するというか。

 ブレーキからアクセルへの足の移動がややぎこちないのですね。

 私の時代にはAT限定免許というものがなかったから教習所では左足はクラッチ、右足でアクセルとブレーキと習いました。

 たぶんAT限定でも同じように右足でアクセルとブレーキを踏むように習っているのではないでしょうか。

 免許を取ってから30年近く経つけれどほとんどATしか運転したことがないので左足は遊んだままでした。

 最近少しずつ左足ブレーキを取り入れる練習をしています。

 左折(右折)からの「息つぎ」がなくなればいいなあ、かっこよくいえばスムーズなアクセルワークの一助になれば、と。

 最初はがっくんブレーキでしたが、少しずつ柔らかく踏めるようにもなってきました。

 左足ブレーキ自体には賛否両論あるようなのですが、この歳で新しいことを練習するのは楽しいものです。

 ところで、今乗っている車にはアイドリングストップ機能が付いているのですが、赤信号などで停車中、ブレーキを踏んだままアクセルも少し踏んでいるらしく、ナビが「環境に優しくないから停止中はアクセルを踏まないでください」と怒られるのには少ししょげます。